電力各社が次々に電気料金の値上げを決定、申請しており、事務所・店舗の省電力化は待ったなしの状況です。また2013年制定の『水銀条約』により水銀が含まれる『蛍光灯』が無くなり、遅かれ早かれLED照明へ切り替わる時代が訪れます。LED照明は消費電力が半分になるので、年間の電気代が約半分!また電気料金が上がる予定なので、その分さらにLED照明導入のメリットが大きくなると思われます。

大型ディスプレイや道路標識などにも様々、LEDが照明として使われる時代になりました。勿論、一般的な照明としての用途でも大変有効です。何が有効か、そのキーワードはやはり「節電」。

LED照明は消費電力が半分になるので、年間の電気代が約半分!また電気料金が上がる予定なので、その分さらにLED照明導入のメリットが大きくなると思われます。

電気代の高騰が続く今、様々な法人様がLED導入に踏み切っていらっしゃいます。

お店や社内で蛍光灯をもしお使いの場合、寿命はなんと約4倍。また、導入により、最大で約90%の節電効果が見込め、節電に於いては非常に効果的。しかも割れにくく、熱くならないことで安全面でも安心。

LED導入によって大幅なコスト削減へと結びつけることが可能です。